いつも材木を購入している奥多摩の建築屋さんに、預かってもらっていた材木。

かなり溜まってしまったので、トラックで現地へ輸送しました。

運送業者は「トラボックス」というマッチングサイトを利用して探しました。

東京で買い置きしてあった材木

東京で買い置きしていた材木

マッチングサイト「トラボックス」

「トラボックス」とは法人・個人を問わず、運送屋さんと依頼主とを結ぶマッチングサービス。

トラック運送 会社を結ぶ日本最大の物流オンラインネットワークサービス会社です。

ウェブサイトへ依頼主が運搬内容・運搬先・希望日程・予算などの依頼内容を掲載すると、

トラボックスに加盟している運送会社から応募があります。

そして諸条件がお互い合致、依頼主の希望内容で荷物を運んでもらえるシステム。

材木は大手の運送会社だと規格外なので、こういったサービスは大変助かります。

▼トラボックス

http://www.trabox.ne.jp/

トラボックスの評判

トラボックスというマッチングサービス。

初めての利用なので、ウェブサイトで調べるも評判のほどはわからず・・・。

ただトラボックスサイトにユーザーレビューがあります。

そこで運送屋さんの評価やレビュー、そして提示金額から運送屋さんを決定。

東京から輸送した材木

今回送った主な材木

  • カヤ・・・7本
  • クリ・・・18本
  • ヒノキ・・・5本
  • 杉・・・1本
  • 杉板(4m)・・・20枚
  • 杉板(2m)・・・40枚

角材はきれいに並べて積み込みます。

角材の上へ角材を積む場合は、毛布で養生をして傷つかないように配慮。

そして軽い杉板材は最上段に積みます。

トラックへ材木を積み込んだところ

トラックへ材木を積み込んだところ

マッチングサイトの利点を活かしてリーズナブルに

今回の運送料、混載が条件だったので5万円(消費税込)。

ちなみに混載ではなく、チャーター(貸切)だと12万円だとか。

別の運送会社も幾つか確認したところ、チャーターだと概ね10~15万円。

マッチングサイトで運送業者を選ぶことで、効率的にコスト削減ができました。

 

 

 

Leave a Reply

Your email address will not be published.