イヌマキ(犬槇・いぬまき・マキノキ)の植え替え|屋敷林の管理

植栽,植え替え,植え付け,移植,イヌマキ,いぬまき,犬槇,まき,マキ,マキ科,イヌマキ属,常緑高木

イヌマキ(犬槇・いぬまき・マキノキ)の植え替え|屋敷林の管理

庭に生えてきたイヌマキ(犬槇・いぬまき・マキノキ)の幼木がかなり成長してしまったので、

春先に植え替えをしました。

庭のあちこちに数年前から生えてきたイヌマキ(犬槇・いぬまき・マキノキ)、

気づけば筆者の背丈くらいに生長してしまいました。

イヌマキ(犬槇・いぬまき・マキノキ)の詳細はコチラ。

せっかく生長したイヌマキを雑草とともに抜いてしまうのも気が引けるので、

成長が加速する前の春先に敷地内道路へ並木として植え替えました。

イヌマキの植え付け時期

イヌマキの植え付け時期は3月下旬~4月上旬・5月下旬~6月・8月下旬~9月。

春先はまだ虫や蚊もおらず、涼しい時期でもあるので植栽作業にも最適です。

いぬまきの引っ越し

ウバメガシやツツジの隙間からニョキニョキと何本ものいぬまきが成長しています。

日当たりが悪いわりに、よくここまで生長したなぁと感心させられます。

植栽,植え替え,植え付け,移植,イヌマキ,いぬまき,犬槇,まき,マキ,マキ科,イヌマキ属,常緑高木

ウバメガシやツツジの間から生長したイヌマキ

まずは作業の邪魔にもなる庭木のウバメガシやツツジなどの枝葉も一部剪定します。

次に浅香工業(金象印)配管職人というスコップで、

移植するイヌマキ若木の周りグルッと浅く斜めにさしていきます。

浅く刺していくのは、イヌマキの根は浅いためと庭の心土を不用意に荒らさないためです。

植栽,植え替え,植え付け,移植,イヌマキ,いぬまき,犬槇,まき,マキ,マキ科,イヌマキ属,常緑高木

犬槇を掘りだした後の庭木周辺

最後に深くスコップを刺して根ごとスコップに載せて「てみ」へ移動。

植栽,植え替え,植え付け,移植,イヌマキ,いぬまき,犬槇,まき,マキ,マキ科,イヌマキ属,常緑高木

スコップで取りだした犬槇の若木

本来は根土ごと取りだしたかったのですが、結局ほとんどの根土がこぼれてしまいました。

その他の庭にあったイヌマキも同じ要領で作業していきます。

植栽,植え替え,植え付け,移植,イヌマキ,いぬまき,犬槇,まき,マキ,マキ科,イヌマキ属,常緑高木

中庭に生えていたイヌマキ

掘り出したイヌマキは早々に軽トラックへ載せて移動します。

植栽,植え替え,植え付け,移植,イヌマキ,いぬまき,犬槇,まき,マキ,マキ科,イヌマキ属,常緑高木

庭から敷地内の山へ移動

ご覧のように高いものは2m近くまで成長しています。

重さも結構あり、持ち運ぶのも一苦労です。

植栽準備(計測)

植栽する犬槇はあらかじめ予定していた場所へ植え替えます。

今回は昔からある敷地内道路の脇。

並列したイヌマキで、将来並木道になればと思っています。

植栽の間隔は2.5m

以前敷地内で植栽されていたと思われる古木がどれも概ね2.5m間隔

(密に植栽する場合は1.2m間隔)で植えられていたことを発見したので、

筆者もこの間隔に従って植栽していきます。

メジャーツール

敷地内で使わなくなった塩ビ管(VP-13)にPEロープを定間隔に結んだメジャーツール。

古いVP-13を加工して制作したメジャーツール

古いVP-13を加工して制作したメジャーツール

これがあれば、いちいちメジャーで測定する手間が省けます。

塩ビ管を加工して作ったメジャーツールを地面に刺して植栽ポイントの目印にします。

塩ビ管を加工して作ったメジャーツールを植栽予定場所へ刺していきます

塩ビ管を加工して作ったメジャーツールを植栽予定場所へ刺していきます

植栽

根の乾燥が進まないうちに、どんどん植えていきます。

このあたりは心土(土壌B層・C層)が近いので、軽く掘って植え付け。

植栽,植え替え,植え付け,移植,イヌマキ,いぬまき,犬槇,まき,マキ,マキ科,イヌマキ属,常緑高木

庭から山へ移植したイヌマキ

すぐ心土に届いてしまいそうなところは盛り土にします。

植栽で盛る作土(土壌A層、一部B層)

植栽で盛る作土(土壌A層、一部B層)

盛り土するための作土、掘って運んで盛ってと一番苦労する単純作業です。

 

ちなみに作土は植栽場所から50m以上離れた場所、しかもほとんど坂道。

いい汗をかいてしまいました。

植栽,植え替え,植え付け,移植,イヌマキ,いぬまき,犬槇,まき,マキ,マキ科,イヌマキ属,常緑高木

庭から山へ移植したイヌマキ

結局植栽初日に全ての作業が終わったのは夕方。

この後、枝葉をある程度切り落として水をあげて作業終了(暗くて撮影不可能)。

移植後の経過観察(植栽後1カ月)

一ヶ月後の様子をチェックしたところ、植え替えたイヌマキ全てが順調に育っていました。

植栽,植え替え,植え付け,移植,イヌマキ,いぬまき,犬槇,まき,マキ,マキ科,イヌマキ属,常緑高木

移植後の経過観察(植栽後1カ月)

植栽,植え替え,植え付け,移植,イヌマキ,いぬまき,犬槇,まき,マキ,マキ科,イヌマキ属,常緑高木

移植後の経過観察(植栽後1カ月)

植栽,植え替え,植え付け,移植,イヌマキ,いぬまき,犬槇,まき,マキ,マキ科,イヌマキ属,常緑高木

移植後の経過観察(植栽後1カ月)

成功要因は

・イヌマキは生命力が強い

・作土の質がよかった(栄養があった)

・気候に恵まれた

だと思います。この後の生長が楽しみです。

作業概要

作業人数・作業時間

いつも通り1人でDIY、作業時間は約6時間。

数日に分けて、庭にあったイヌマキ全て植え替えました(合計30本くらい)。

道具

・スコップ・ショベル・・・浅香工業(金象印)配管職人

・てみ(小・大)・・・ノーブランド×4枚

・メジャーツール・・・2.5m間隔のロープをつけた塩ビパイプとゴムハンマー

・一輪車・・・コメリオリジナルノーパンクタイヤ一輪車

・剪定ばさみ・・・岡恒(おかつね) 剪定鋏 200mm NO.103

・太枝切鋏・・・千吉(藤原産業)ラチェット式太枝切鋏 (SGFL-3)

材料

・敷地内の山林から集めた作土(土壌A層・B層)

・水

難易度(手間の程度)

★★★★★

植え替えも思いのほか、時間のかかる作業でした。

イヌマキの引っ越し、作土の移動など「運ぶ」作業は肉体的負担がかかります。


Leave a Reply

Search

AD