引戸(板戸)の修繕~後編.新しい板の取り付け作業~|伝統建築の建物をDIYで修理

伝統工法,竪框,桟,裏桟,杉板,赤身,板戸,引戸,蔵,戸,交換,DIY,修繕,改修,修理,工事,建物,リフォーム,修繕,集塵機,再生,作業,明治,古民家,古い,物件,江戸,明治,大正,時代,伝統,建築,猫印,SUS-XM7,SUS-XM7・2.7×16mm,ステンレス,ビス,オーステナイト,金具,留め,間隔,3cm,一寸,1寸,充電式,TD148DRFX,TD148D,マキタ,Makita,インパクト,ドライバ,ドライバー,日立,P100FB,自動かんな,自動カンナ,自動鉋,マキタ,スライドマルノコ,LS1213,鉋,かんな,カンナ,KP180DZ,18V,充電式,電気,マキタ,Makita,82mm,ブログ

錠前,鍵,板戸,引戸,蔵,戸,江戸,明治,大正,時代,交換,修繕,改修,修理,工事,建物,DIY,リフォーム,修繕,集塵機,再生,作業,明治,古民家,古い,物件,大正,明治,時代,伝統,建築,ブログ

引戸(板戸)の修繕~前編.修繕が必要な部分の取り外し作業~|伝統建築の建物をDIYで修理

元々ボロボロだった引戸(板戸)の痛みが進行してしまい開閉困難に。

今回DIYで修理することにしました。

“Read More”

木工作業所|床下修繕(南西側)床下の整備|明治36年(1903年)築の蔵造りの建物

あまりにも床下空間がなかったため、今回床下空間をつくることにしました。

元々ほとんど空間がなく人が通ることはもとより、風通しも悪そうでした。

“Read More”

木工作業所|床下修繕(南西側)大引き

木工作業所|床下修繕(南西側)大引きの現状確認|明治36年(1903年)築の蔵造りの建物

前回の“床板・根太の現状確認”に引き続き、次は大引きのチェックです。

“Read More”

木工作業所棟札

木工作業所|明治36年(1903年)築の蔵造りの建物

屋敷のなかに『木工作業所』と呼ばれる蔵造りの建物があります。

棟木には『明治卅六年拾月建築』と漢数字・大字で記載されています。

つまり明治36年(1903年)10月に建築された建物です。

“Read More”

Search

AD