カシノキ(アラカシ)の古株を斧・ドリルドライバで撤去

斧,おの,株,撤去,根,アラカシ,あらかし,カシノキ,かしのき.かし,カシ粗樫,作業,堅木,雑木,半日陰,ブナ科,コナラ属,常緑広葉樹,常緑広葉樹,樹高,樹皮,色,形状,花,実,花期,果期,秋,果実,堅果,ドングリ,葉形,幹

カシノキ(アラカシ)の古株を斧・ドリルドライバで撤去

4~5年くらい前に伐採したカシノキ(アラカシ)。

大きな株が残ってしまい、防草シートの邪魔になっていました。

そこで株取りが得意なケンさんに撤去をお願いしました。

“Read More”

ブナ科,コナラ属,常緑広葉樹,樹高,6m~15m,樹皮の色,黒っぽい灰色,樹皮の形状,ザラザラ,平滑,花,実,花期,4-5月頃,果期,秋,果実,堅果,ドングリ,葉形,卵状楕円形,中央あたりから先に向けてあらい鋸歯,きょし,

アラカシ【あらかし/粗樫】ブナ科コナラ属-常緑広葉樹

  • 科:ブナ科
  • 属:コナラ属
  • 樹形:常緑広葉樹
  • 樹高:6m~15m

樹皮

  •  樹皮の色:樹皮は黒っぽい灰色
  •  樹皮の形状:ザラザラしているが、大きく成長したアラカシは平滑
ブナ科,コナラ属,常緑広葉樹,樹高,6m~15m,樹皮の色,黒っぽい灰色,樹皮の形状,ザラザラ,平滑,花,実,花期,4-5月頃,果期,秋,果実,堅果,ドングリ,葉形,卵状楕円形,中央あたりから先に向けてあらい鋸歯,きょし,

若いアラカシの幹

ブナ科,コナラ属,常緑広葉樹,樹高,6m~15m,樹皮の色,黒っぽい灰色,樹皮の形状,ザラザラ,平滑,花,実,花期,4-5月頃,果期,秋,果実,堅果,ドングリ,葉形,卵状楕円形,中央あたりから先に向けてあらい鋸歯,きょし,

アラカシの幹

 

花と実

  • 花期:4-5月頃
  • 果期:秋
  • 果実(堅果)の特徴:ドングリ

葉の特徴

  • 葉形:卵状楕円形で中央あたりから先に向けてあらい鋸歯(きょし)がある
  • 葉身:7~12cm
  • 葉幅:3~5cm
  • 葉表:光沢があり無毛、独特な折れ方をしている
  • 葉裏:緑灰色

    ブナ科,コナラ属,常緑広葉樹,樹高,6m~15m,樹皮の色,黒っぽい灰色,樹皮の形状,ザラザラ,平滑,花,実,花期,4-5月頃,果期,秋,果実,堅果,ドングリ,葉形,卵状楕円形,中央あたりから先に向けてあらい鋸歯,きょし,

    アラカシの葉表

アラカシの特徴

  • 硬い木のひとつ、チェーンソーで切るには少々厄介。
  • 大きさの割りに重い。
  • 年輪が不明慮なので数えることができない。
  • 半日陰でも良く育つ
  • 1本アラカシが育つとそこらじゅうに根が広がって、そこから新芽をふく。→庭木には適さないと思う。

メヒシバ(雌日芝/めひしば)は、イネ科メヒシバ属の一年草。身近にごく普通に見られるイネ科の雑草。細い茎で地表を這い、立ち上がった花茎の先に、数本の細い穂を放射状に伸ばします。花茎の先端に数本の穂が伸び当初は束になって出るが、次第に放射状に広がります。初秋には穂が緑から茶色に変化し、種子があたりに散らばります。

雑草:メヒシバ【雌日芝/めひしば】‐イネ科メヒシバ属(特徴と除草)

初夏ごろから青々とした葉が生え、初秋には細長い茎が延びて穂をつけるメヒシバ。

穂が茶色くなると、種子が散らかって庭が大変なことに・・・。

“Read More”

ツユクサ科ツユクサ属の1年草。開花時期は6月~10月。一見青い花弁は2枚あるように見えますが、実は下部に白くて小さく花弁がもう一枚あります。高さは15~50cmで直立することはなく、茎は地面を這い、群生傾向にあります。除草は初夏から初秋にかけて行います。

雑草:露草【つゆくさ/ツユクサ】-ツユクサ科ツユクサ属(特徴と除草)

初夏から秋にかけて茎を通じてあたりに群生し、かわいらしい青い花をつけるつゆ草。

古来から日本で親しまれていた花の一つではありますが、放置すると庭が大変なことに・・・。

“Read More”

Search

AD