TOTO RE06SXNをDIYで施工 | 小型電気温水器を自分で取付け

DIY,小型,電気温水器,TOTO,RE06SXN,6L,3L,REWF03A1S,パブリック用,交換,取替,方法,リモデル,リフォーム,東陶,出水口,出湯口,配管部品.com,配管部品ドットコム,フローバル,ステンレス,ねじ込み,チーズ,六角ニップル,V6N-04,ネジ,R,1/2,カクダイ,7032-13,散水栓,タケノコ

TOTO RE06SXNをDIYで施工 | 小型電気温水器を自分で取付け

秋も深まるというころなのに、電気工事や将来予定している電気温水器の工事が難航。

お風呂が出来るまでにはまだまだ時間がかかりそう。

そして以前施工した3Lの小型電気温水器ではさすがにシャワーは寒い(記事はコチラ)・・・。

かといって再び宿を利用するより屋敷に泊まるほうがはるかに無駄な時間をセーブできる上、

宿代や移動費などのコストもかかりません。

そこで安価で入手したTOTO小型電気温水器 RE06SXNを新たな簡易シャワーに。

もちろん今回もDIYです。

“Read More”

レビュー:ドメスト|アラウーノの掃除(黒い汚れを発見)

屋敷に設置したトイレ、アラウーノXCH1203UZ。

ある日見たら、便器内に黒い異物がたくさん付いているのを発見。

前回使用してから約一ヶ月ぶり。

いったい何だろう?

“Read More”

日本伝統建築技法・工法で建てられた大正5年築の屋敷を修繕。今回は洗面所の和式便所を洋式便所(パナソニック・アラウーノ)にリフォーム。オリジナル空間を維持しつつ、改良を行っています。

本宅洗面所のトイレリフォーム -アラウーノ取付け-

排水管も水道管もすべてアラウーノの真下から通します。

排水管は用意した台座にあけた穴に床フランジを付ければ完了。

しかし水道管は少々改造が必要です。

“Read More”

日本伝統建築技法・工法で建てられた大正5年築の屋敷を修繕。今回は洗面所の和式便所を洋式便所(パナソニック・アラウーノ)にリフォーム。オリジナル空間を維持しつつ、改良を行っています。

本宅洗面所のトイレリフォーム -便器用台座製作-

『本宅洗面所のトイレリフォーム -アラウーノ取付準備編-』の続きです。

今回は床板と便器(アラウーノ)本体との間に置く台座について。

“Read More”

今回は施主支給でリフォーム。楽天で購入したパナソニック アラウーノ(XCH1203UZ)。楽天などインターネットで買えば、リフォーム業者の見積もりよりかなり安く購入できます。

本宅洗面所のトイレリフォーム -アラウーノ取付位置の検討-

今回購入したパナソニック 全自動おそうじトイレ、アラウーノXCH1203UZ。

取付にあたってのボトルネックは次の通り

  • 欅の一枚板で仕上げた床に穴をあけられない。
  • 壁や天井には新規で穴をあけられない

空間デザインを維持しつつ、構造材を痛めないという大原則を守るためです。

“Read More”

日本伝統建築技法・工法で建てられた大正5年築の屋敷を修繕。今回は洗面所の和式便所を洋式便所(パナソニック・アラウーノ)にリフォーム。オリジナル空間を維持しつつ、改良を行っています。

本宅洗面所のトイレリフォーム -トイレはパナソニック・アラウーノに決定-

本宅洗面所のトイレは昔のまま。汲み取り和式便所です。

もちろん現在は誰も使用していません。

このままではもったいないので、水洗式トイレにリフォームすることにしました。

“Read More”

Search

AD