排水管も水道管もすべてアラウーノの真下から通します。

排水管は用意した台座にあけた穴に床フランジを付ければ完了。

しかし水道管は少々改造が必要です。

給水ホース(標準付属品)→フレキホースへ変更

水道屋さんのアイディアで、床下まで延びている上水道にフレキホースを接続。

台座に用意した給水用の穴にフレキホースを通します。

日本伝統建築技法・工法で建てられた大正5年築の屋敷を修繕。今回は洗面所の和式便所を洋式便所(パナソニック・アラウーノ)にリフォーム。オリジナル空間を維持しつつ、改良を行っています。

フレキホースの水道管を台座からアラウーノ本体内部へ通すところ

止水栓(標準付属品)→ボールバルブへ変更

止水栓は元々ないので、アラウーノの内部空間を活かしてボールバルブを接続。

これにより蓋を外せば、止水が可能になります。

日本伝統建築技法・工法で建てられた大正5年築の屋敷を修繕。今回は洗面所の和式便所を洋式便所(パナソニック・アラウーノ)にリフォーム。オリジナル空間を維持しつつ、改良を行っています。

フレキホースと接続するボールバルブ。アラウーノの内部空間を活かして設置。

アラウーノ本体のノックを利用してフレキホースを外へ

アラウーノの背面にあるリヤカバー下のノックにホールソーで穴加工を行ってフレキホースを出します。

日本伝統建築技法・工法で建てられた大正5年築の屋敷を修繕。今回は洗面所の和式便所を洋式便所(パナソニック・アラウーノ)にリフォーム。オリジナル空間を維持しつつ、改良を行っています。

アラウーノのノックにホールソーで穴加工を行ってフレキホースを出す。

この時に併せて、外付けのコンセントとアースをアラウーノ本体内部へ通します。

取付完了

アラウーノ取付完了。

お水を流すと最後に食器洗い洗剤の泡が現れます。

日本伝統建築技法・工法で建てられた大正5年築の屋敷を修繕。今回は洗面所の和式便所を洋式便所(パナソニック・アラウーノ)にリフォーム。オリジナル空間を維持しつつ、改良を行っています。

アラウーノ取付完了。お水を流すと最後に食器洗い洗剤の泡が現れます。

 

 

Leave a Reply

Your email address will not be published.