前回に引き続き、新しい戸枠(方立て・鴨居)の制作です。

方立ての加工

3寸角・自家乾燥3年の杉角材をスライドマルノコ・丸のこで加工します。

3寸角・自家乾燥3年の杉角材をスライドマルノコ・丸のこで加工します

方立ての加工

方立ての下側は上り框に嵌めるため、深めに加工してあります。

方立ての加工(下側)、蟻加工してあります。

方立ての加工(下側)、蟻加工してあります。

今回鴨居は蟻加工して、方立ての上から嵌めることでビスが見えないよう工夫しました。

溝はマキタ全自動大入レルーター 2516Cを使用。

蟻加工はルータを使用。

どちらの工具も不慣れなもので、かなりガタガタなアリ加工になってしまいました・・・。

鴨居の加工

杉板1920mm×165mm×34mm・自家乾燥1年のまだ完全乾燥されていない杉板を使用。

あと2~3mmくらい縮みそうなので、高さは168mm程度で一旦加工。

もう1~2年後に最終的に仕上げることを前提に、この材を使用することにしました。

こちらも蟻加工はルータを使用。

蟻溝加工した鴨居(杉板5寸幅)

蟻溝加工した鴨居(杉板5寸幅)

取付

方立てを柱にダイドーハント『ステンレス(SUS XM7)コーススレッドスクリュー』

65mmでビス留め。

そしてもう片一方には既存穴に合わせて仮の鴨居受けを取付。

最後に鴨居を上からゴムづちで叩きいれて完成。

戸枠修繕後(鴨居・方立ての交換)

作業完了

道具

主な道具

・自動かんな・・・日立P100FB

・スライドマルノコ・・・マキタ LS1213

・全自動大入レルーター・・・マキタ 2516C

・集塵機・・・マキタM420と藤原産業(E-Value)EVC-200PCL

材料

・3寸角・自家乾燥3年の杉角材・・・1本

・杉板2m(長さ)×240mm(幅)×35mm(厚さ)・・・1枚

難易度(手間の程度)

★★★★★

初めての蟻加工、偶然上手く取付はできたものの駄作・・・。

設計も中途半端だったうえに、ルータの扱いになれなかったため出来栄えは酷い。

ルータの取扱には早く慣れたいところです。

しかしセキュリティの関係上、1日で仕上げねばならなかったのですが

予定通り1日で完成しました。

 

Leave a Reply

Your email address will not be published.