TOTO RE06SXNをDIYで施工 | 小型電気温水器を自分で取付け

DIY,小型,電気温水器,TOTO,RE06SXN,6L,3L,REWF03A1S,パブリック用,交換,取替,方法,リモデル,リフォーム,東陶,出水口,出湯口,配管部品.com,配管部品ドットコム,フローバル,ステンレス,ねじ込み,チーズ,六角ニップル,V6N-04,ネジ,R,1/2,カクダイ,7032-13,散水栓,タケノコ

TOTO RE06SXNをDIYで施工 | 小型電気温水器を自分で取付け

秋も深まるというころなのに、電気工事や将来予定している電気温水器の工事が難航。

お風呂が出来るまでにはまだまだ時間がかかりそう。

そして以前施工した3Lの小型電気温水器ではさすがにシャワーは寒い(記事はコチラ)・・・。

かといって再び宿を利用するより屋敷に泊まるほうがはるかに無駄な時間をセーブできる上、

宿代や移動費などのコストもかかりません。

そこで安価で入手したTOTO小型電気温水器 RE06SXNを新たな簡易シャワーに。

もちろん今回もDIYです。

1.簡易シャワーの主なアイテム

温水器:TOTO小型電気温水器 RE06SXN

中古販売店にて1万円程度で購入したTOTO小型電気温水器 RE06SXN。

現在は生産終了となったモデルですが、

  • 消費電力が600Wと小型電気温水器の中では少なめ
  • 温度設定が60度・75度から選択できる
  • 専用水栓ではなく、様々な水栓金具が使用できる(口は全てG1/2=13A)
DIY,小型,電気温水器,TOTO,RE06SXN,6L,3L,REWF03A1S,パブリック用,交換,取替,方法,リモデル,リフォーム,東陶,出水口,出湯口,配管部品.com,配管部品ドットコム,フローバル,ステンレス,ねじ込み,チーズ,六角ニップル,V6N-04,ネジ,R,1/2,カクダイ,7032-13,散水栓,タケノコ

TOTO小型電気温水器RE06SXNの出湯口と出水口(G1/2)

さらに

  • 販売価格が1万円程度と手ごろ
  • 本製品は製造年月からまだ数年しか経過していない
  • 正常動作

だったので即購入。

シャワー:ビデシャワー(Shattaf Bidet Spray)

そして今回使用するシャワーも前回同様、イスラム圏でよく目にするビデシャワー(Shattaf Bidet Spray)。

今回はシンガポールで18ドル(日本円で1,400円程度)にて購入したもの。

シンガポールも日本と同じく水道管の規格にG1/2があるため接続が可能です。

イスラム,トイレ,シャワー,シンガポール,ハンドシャワー,ビデシャワー,ビデスプレー,Faucet Toilet Spray,faucet toilet bidet shower ,Handheld Bath Bathroom Bidet

イスラム圏のトイレでよく目にするビデシャワー(シンガポールにて購入)

混合栓:砲金チーズと蛇口との組み合わせ

本来は混合栓で使用するものですが、混合栓とシャワーを取り付けるのはいろいろと面倒。

そこで『混合栓』という概念を外して、出水口と出湯口からチーズを使って管内で混合。

そしてチーズから散水栓に接続して、蛇口で流量をコントロールすることにしました。

散水栓はカクダイ 7032-13。

カクダイ,7032-13,散水栓,タケノコ

カクダイの散水栓7032-13、タケノコを外せばG1/2の給水用バルブとして代用できる

タケノコがついており、タケノコを外せばG1/2のおねじ仕様の水道用バルブにもなります。

このおねじにシャワーに接続してハンドルで出湯の流量をコントロールします。

配管

ブレードフレキ管

フレキ管だと曲げの作業が大変な上、後々の配管変更が困難。

現場では将来電気温水器の場所変更や配管の変更などが想定されるので、

配管にはフレキ管ではなくカクダイのブレードフレキを採用。

フレキ管と比べると3倍くらいコスト高ですが作業性のよさや、

後々配管変更などへのフレキシブル性美観性に優れています。

(ブレードフレキの詳細はコチラ)。

ステンレス製六角ニップル

将来の配管変更などで取り外しや使いまわしが容易なよう、

ニップルは六角ニップルを採用。

今回もフローバル社製のステンレス製ねじ込み六角ニップル V6N-04を使用しました。

ステンレス,ねじ込み,六角ニップル,V6N-04,フローバル,配管部品.com,配管部品ドットコム,1/2,13A,ネジ(R)

ステンレス製ねじ込み六角ニップル V6N-04 ネジ(R):1/2(13A) 配管部品ドットコムにて204円で購入

砲金チーズ

今回は手元に1/2(13A)のチーズが砲金チーズしかなかったのでこちらを使用。

現地近くのホームセンターにて324円にて購入。

止水栓

以前設置したパナソニックのアラウーノに付属していた止水栓を流用。

2.DIYで小型電気温水器の取り付け

施工イメージ

給水口

バルブの先にある水道屋さんが以前取り付けたチーズから分岐してフレキ管で接続。

出水口

65度か75度のお湯にどのくらいお水を加えるか、

使用後に水量の調整が必要なので止水栓を取り付けます。

そして止水栓の先に13Aの砲金チーズを接続。

出湯口

65度か75度のお湯が出る仕様。

フレキ管(50cm程度)と接続して前述の砲金チーズに接続。

接続部分はメス同士なのでフローバルのステンレス製ねじ込み六角ニップル

V6N-04(配管部品ドットコムにて256円で購入)で配管。

 

施工完了

作業時間は配管計画から取付まで、概ね1時間程度。

ブレードフレキなのでフレキ管と違い、配管がとても簡単です。

DIY,小型,電気温水器,TOTO,RE06SXN,6L,パブリック用,交換,取替,方法,リモデル,リフォーム,東陶,ブレードフレキ,カクダイ,フレキホース,798-11,798-22,600mm,900mm,費用,設置,作業代,価格,見積もり,見積り,見積,埋設,工事,電気

DIYで取り付けたTOTO小型電気温水器RE06SXN(オリジナル適温出湯仕様)

設置場所の下は石なので、膨張水などの排水用配管は行っていません。

また見た目は悪いですが、とりあえず設置時に本体が傷つかないようテープで保護。

3.DIYシャワーのレビュー

現地に到着したのは夕方。

その日中に取り付けて早速その夜、使ってみました。

TOTO小型電気温水器RE06SXNは5.8リッタータンクで温度は65度か75度の選択方式。

電気温水器を75度に設定し、待つこと30分。

沸騰が完了するとスイッチのランプが消える仕様なので目視で沸騰が確認できます。

まずはカクダイの散水栓のハンドルを回してお湯を出します。

カクダイ,7032-13,散水栓,タケノコ

適温出湯用の蛇口。散水栓カクダイ7032-13を流用。

そして出水口の水の流量を止水栓にてマイナスドライバーで調整。

これでオリジナル適温出湯仕様になります。

 

出湯量はTOTO小型電気温水器REWF03A1Sより3倍以上。

REWF03A1Sと併用することで適温出湯で約10Lは見込めます。

寒くなってきましたが電気温水器設置までは、しばらくコチラでしのぎます。


Leave a Reply

Search

AD