害獣アナグマを捕獲するために用意した捕獲器。

リンゴをぶら下げて待つこと数日。

ある日捕獲器を見たら、アナグマではなくタヌキが捕獲されていました。

捕獲器内で暴れるタヌキ

タヌキを目の前でみるのは生まれて初めて。

絵本や飾り物などで見たたぬきとは異なり、意外と実物は小さくほっそりとしていました。

たぬき,タヌキ,捕獲,捕獲器,罠,あなぐま,アナグマ,ハクビシン,はくびしん,あらいぐま,アライグマ

捕獲器にかかったタヌキ

人懐っこいフリをしたかと思うと、急に奇声を上げて暴れ。

しばらくすると大人しくなり、こっちを見ながら糞をしたりと・・・。

あまりかわいい動物には見えません。

保健所へ引渡し

現場のある市では、市に連絡すると無料で引き取ってくれるサービスがあります。

そこで市へ連絡したところ、職員がクルマで引き取りに来てくれました。

捕獲器ごと引渡すと、後日捕獲器だけ返却してくれるそうです。

たぬき,タヌキ,捕獲,捕獲器,罠,保健所,引取り,引き取り,処分,市

市の職員が引き取りにきました

たぬき,タヌキ,捕獲,捕獲器,罠,保健所,引取り,引き取り,処分,市

捕獲器ごと職員に引き渡したところ

たぬきは職員の車に載せられた後、再び大人しくなりました。

このタヌキがどうなったのかは秘密だそうです。

 

Leave a Reply

Your email address will not be published.