• 科:ツツジ科
  • 属:ツツジ属
  • 樹形:常緑若しくは落葉性の低木から高木
  • 樹高:1m程度(現場では50cm~1.8m程度)
  • 胸高直径(幹周り):現場では大きくても7~8cm程度

樹皮

  • 樹皮の色:明るい茶色
  • 樹皮の形状:ソリッド

  • 花期:4月~5月
  • 枝先に淡い紅紫色の花を1~3輪つける。
  • 花冠は5つに深く裂け、上側の3枚の裂片には濃い紅紫色の斑が入る。
  • 雄しべが10本ある。
キシツツジ,きしつつじ,岸躑躅,ツツジ科,ツツジ属,樹形.常緑,落葉性,低木,高木,樹高,1m程度,花期,4月,5月,花冠,5,裂,裂片,濃い,紅紫色,斑,雄しべ,10本

花冠は5つに深く裂け、上側の3枚の裂片に濃い紅紫色の斑がある。 雄しべは10本。

  • 果期:花の後にできる
  • 果実の特徴:実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)

葉の特徴

  • 葉身長3~6cm
  • 最大幅はほぼ中央
  • 葉柄(ヨウヘイ)は1~4mm
  • 葉は細長い楕円形で両端が尖(トガ)っている
  • 両面に長い毛が多い
  • 葉柄や若枝・花柄は腺毛があり粘る

Leave a Reply

Your email address will not be published.