スッキリポールからCV線を分電盤に接続|取付費用から作業まで全てのまとめ

フジクラCV22sq埋設工事

スッキリポールからCV線を分電盤に接続|取付費用から作業まで全てのまとめ

屋敷に新しい一つ目の分電盤を取り付けました。

今回はPF管埋設と電柱から分電盤へCV線を接続するまでの流れをまとめました。

この分電盤の概要

この分電盤は

・屋外のパナソニック製すっきりポールからの送電(CV線22sq)

・当該建物のコンセントや照明への配電(VVF2.0・VVF1.6)

・各建物への配電(CV線14sq・CV線22sq)

の役割があります。

そのため準備として

・分電盤を収容するキャビネットの準備

・当該分電盤と接続する各ケーブルのためのPF管とコネクタの準備

・当該分電盤と接続する各ケーブル

といろいろとあり、かなりの時間と労力がかかりました(汗)。

0.分電盤工事前の準備

スッキリポールから分電盤までのPF管埋設

今回の工事に伴い事前にPF管を埋設しておきました。

CV線が22sqだとPF管のサイズは36がベターということで、

未来工業 のミラフレキSSシリーズ『MFS-36K』を用意。

屋外は埋設だけでPF管36サイズを約25m使用しました。

PF管へCV線の通線作業

電柱から今回の分電盤までの距離は約34m。

距離が長いので、電気工事屋さんのおススメでCV線は22sq・3芯を用意。

メーカーは空港や駅などの公共機関でもよく目にするフジクラにしました。

当初LANケーブルのレンズマークを使っておおよその長さを測っていたのですが、

CV線は切り足しができないとのこともあり、厚意で電気屋さんが切り売りをしてくれることに。

素人にとっては大変ありがたいことです。

フジクラ,22sq,3,芯,CVケーブル,600V.耐圧,架橋ポリエチレン,送電,配電,配線,一括シース

埋設前に電気工事屋さんが置いていってくれたフジクラCV22sq3芯・50m巻

ちなみに切り売り単価は800円/m。

床下の配管(PF管の設置)

屋内まで埋設したPF36は屋内で床下配管とします。

残念ながらPF管36サイズは1巻30mなので、分電盤までは届かず・・・。

もう一巻PF管36サイズを購入するというのは気が引けてしまいます。

そこで都合のよいところで、PF管36サイズをPF管28サイズへダウンサイジングしました。

MG-36D,未来工業,異径,異型,アダプター,サイズダウン,おネジ,めネジ,おねじ,めねじ,PF管,コネクタ,G1,G1 1/4

PF36をPF28へサイズダウンする変換アダプター(未来工業,MG-36D,異径アダプター)

MG-36Dは”厚鋼用サイズダウン”と記載がありますが、

PF28サイズはコネクタなどのネジ規格がG1

PF36サイズはコネクタなどのネジ規格がG1 1/4

これを覚えておけば今回のように変換アダプターを様々なシーンで応用できます。

MG-36D,未来工業,異径,異型,アダプター,サイズダウン,おネジ,めネジ,おねじ,めねじ,PF管,コネクタ,G1,G1 1/4

PF管36サイズ側-G1 1/4 (未来工業,MG-36D,異径アダプター)

MG-36D,未来工業,異径,異型,アダプター,サイズダウン,おネジ,めネジ,おねじ,めねじ,PF管,コネクタ,G1,G1 1/4

PF管28サイズ側-G1 (未来工業,MG-36D,異径アダプター)ジョイントナット(未来工業,CDJ-36

ジョイントナット(未来工業,CDJ-36)を中間にして左側へMG-36Dを接続しPF28用コネクタ(未来工業,FPK-28YK)を接続。

右には直接CDJ36とPF36用コネクタ(未来工業,FPK-36YK)を接続。

 ジョイントナット,未来工業,CDJ-36,MG-36D,未来工業,異径,異型,アダプター,サイズダウン,おネジ,めネジ,おねじ,めねじ,PF管,コネクタ,G1,G1 1/4

ジョイントナット(未来工業,CDJ-36)を中間にして両端にコネクタを接続。

CV線の通線

電柱からCV線を押し込み、もう一人が通線ワイヤーで引っ張ります。

ちょうどPF36とPF28との変換ポイントまでが電柱から25mだったので、

30mの通線ワイヤーで引っ張ることができました。

まずは『高い場所から低い場所へ通線する 』という方針で、通線ワイヤーをメーターボックスまで通します。

次にすっきりポールのメーターボックスから通線ワイヤーでCV線を引っ張ります。

通線ワイヤーの先にCV線を巻きつけて、メーターボックスからCV線を流し込みます。

同時にPF管36の端から筆者が通線ワイヤーを引っ張ってCV線を引き込みました。

パナソニック製の埋設対応すっきりポールへ通線ワイヤーを通したところ

パナソニック製の埋設対応すっきりポールへ通線ワイヤーを通したところ

さすがにCV22sqは重い・・・。

男二人で30分くらい掛かりましたが、無事通線完了。

CV22sq,PF36,通線ワイヤー,通線

通線ワイヤーでCV22sqをPF管36サイズ内へ通したところ

床下は狭く、通線作業がしづらいので適度なところにカップリングを用意して作業性を高めます。

床下は狭く、通線作業がしづらいので適度なところにカップリングを用意して作業性を高めます。

CV22の通線完了。予定通り16mほど余りました。

CV22の通線完了。予定通り16mほど余りました。

1.分電盤へCV線を接続

ここからは電気屋さんのお仕事になります。

その場で余ったCV線から適度な長さをカット。

分電盤に接続して無事作業終了。

パナソニック分電盤75A18+2 フタ付 コンパクト21シリーズ

キャビネットへ収容したパナソニック分電盤75A18+2 フタ付 コンパクト21シリーズへCV線22sqを無事接続

このキャビネットは以前レポートした日東工業S20-75-1_Kを加工したものです。

分電盤設置にかかった費用

パナソニック分電盤,新規,費用,設置,作業代,価格,見積もり,見積り,見積,埋設,工事,電気,交換

分電盤設置にかかった費用(請求書の該当部分抜粋)

前述のとおりスッキリポールから分電盤までのCV22線を切り売りで購入したため、

800円/m×34mで27,200円。

漏電遮断器(テンパール工業GB-73)とその取付が20,000円

分電盤の設置費用は施主支給だったため工賃のみ5,000円。

分電盤を収容するキャビネットに加工(PF管コネクタ用ホール)が20,000円(詳細はコチラ)。

新しい分電盤設置に伴い他の建物への配電が止まってしまったのでCV8sqで仮配線。

数mなのですが、工賃込みで10,000円。

生活必需品にも恩恵

やっとブレーカーが落ちることなくご飯を炊くことができます。

もちろん保温中でも他の電気機器への影響はありません。

以前は炊飯中にブレーカーが落ちて、何度となく惨めなご飯を食べていました・・・。

炊飯器,ZOJIRUSHI,マイコン炊飯ジャー,極め炊き,5.5合,NS-WB10-CA,ベージュ,象印,パナソニック分電盤,75A18+2,フタ付,コンパクト21シリーズ,ドリル,ビット,日東工業,NITTO,キャビネット,穴あけ,ホール,設計,位置,径,イメージ,超硬,ホールソー,ホルソー

象印マイコン炊飯ジャー 極め炊き 5.5合 NS-WB10-CA

もうカセットコンロとケトルも不要。

これからは手軽に電気ケトルで瞬間湯沸しができます。

ティファール,Tfal,電気ケトル,ニューヴィテス,プラス,Vitesse,neo,ネオ,パナソニック分電盤,75A18+2,フタ付,コンパクト21シリーズ,ドリル,ビット,日東工業,NITTO,キャビネット,穴あけ,ホール,設計,位置,径,イメージ,超硬,ホールソー,ホルソー

ティファール(Tfal) 電気ケトル ニューヴィテス プラス(Vitesse+)

ちなみに電気ケトルの電気代はカップ1杯分でわずか0.5円(※)

  • カップ1杯分のお湯(140ml)を朝、夜、1回ずつ沸かしたときの1ヶ月の電気代は約34円
  • 満水(1L)を朝、夜、1回づつ沸かしても約158円(※)

※ 電気代は、1kWh/22円(税込)で計算。

カセットコンロよりも経済的です。

さらに保温機能がないので余計な電気代もかかりません。

やっぱり自分でやるしかない

今回はCV線の引き込みはケンさんと筆者だけで作業を行いました。

というのも当初は電気業者へ依頼したのですが狭い床下という状況もあり、

あまりにも大変な作業なので自分でやってほしいとのこと。

通常、一般家庭で埋設による配線はもちろん床下配線もあまり行わないそうです。

これらの作業はお金をもらっても業者がやりたくない作業のひとつのようです。

大変でしたが個人的にはよい経験になりました。

 


Leave a Reply

Search

AD