先月からやっと電気工事が本格的にスタートしました。

VVFケーブルの仕様も決まり、今日はそれらを建物に取り付けるケーブルハンガー(支持具)をレビュー。

今回いろいろなケーブルハンガーから選んだのは未来工業(ミライ) ケ-ブルハンガー ACH-6K

未来工業(ミライ) ケ-ブルハンガー ACH-6K

未来工業(ミライ) ケ-ブルハンガー ACH-6K

 

適合ケ-ブルはVVFケ-ブル(1.6×2C3C・2.0×2C3C)×6本迄ですが、Cat6のLANケーブルもかけることができます。

ベストサイズは2.0×2C、2.0×3Cはちょっときつめです。

未来工業(ミライ)ALC,木材用ケ-ブルハンガー ACH-6K

未来工業(ミライ)ALC,木材用ケ-ブルハンガー ACH-6K

 

未来工業(ミライ)ALC,木材用ケ-ブルハンガー ACH-6K の取付

未来工業(ミライ)ALC,木材用ケ-ブルハンガー ACH-6K の取付

 

本来は垂直に取り付けるものですが、根太へビスひとつで水平に取り付けることにしました。

その理由は

  • 床下での通行や今後のリフォーム作業を考えて、できるだけ床下空間を大きくとりたかった
  • 大きな地梁や大引があるため、きれいに配線できる場所が限られている。
  • これから行う床下修繕の際に、ビス一本で留めたACHー6Kなら簡単に取り外し可能。
  • VVFケーブルやLANケーブルなどが6本まとめてビス穴ひとつで配線できる
  • 取付時にビス穴ひとつで、構造材への負担(穴開け)も少ないというメリット

ケーブルハンガーにもいろいろな種類がありますが、上記理由からミライのACHー6Kを選びました。

 

 

VVFケーブル1本ならKC-1、

数本を壁際や束や柱など垂直に設置するならACH2またはACH1F

VVF3本ならSVH-3CSなども検討しています。

 

 

Leave a Reply

Your email address will not be published.