未乾燥の製材された材木の乾燥方法に関する備忘録です。

材木の保管

今回購入した材木(材木の詳細はコチラ)は製材後未乾燥のものもあります。

効率的に自然乾燥(AD)させるための条件は

  1. 直射日光と雨が当たらない場所に干す
  2. 風通しがよく、湿気の少ないところ場所に干す
  3. 縦に干せる場合は材木は元口を上、末口を下にして干す

です。

しかしこのような好条件の場所が今はないので、暫定的に角材は現場の大門入口に置きました。

運送会社のマッチングサイト、トラボックスで運んだ材木

運送会社のマッチングサイト、トラボックスで運んだ材木(クリ・カヤ・ヒノキなどの角材)

クリ5寸角4m~1m・カヤ8寸~5寸角4~3m・ヒノキ4寸角3mなど

クリ5寸角4m~1m・カヤ8寸~5寸角4~3m・ヒノキ4寸角3mなど

クリ独特のすっぱいにおいが充満しています。

 

そして4m長の杉板は縦に立てられる本宅の台所に干しました。

こちらも一応暫定保管場所のつもりです。

運送会社のマッチングサイト、トラボックスで運んだ杉板(4m×50~70㎝幅・厚み5分)

運送会社のマッチングサイト、トラボックスで運んだ杉板(4m×50~70㎝幅・厚み5分)

 

運送会社のマッチングサイト、トラボックスで運んだ杉板(4m×50~70㎝幅・厚み5分)

運送会社のマッチングサイト、トラボックスで運んだ杉板(4m×50~70㎝幅・厚み5分)

台所は杉板でいっぱいになってしまいました。

乾燥期間の目安

乾燥環境や個体差はあるものの乾燥期間の目安は次の通り。

クリ・・・乾燥期間が長ければ長いほどよい。但し土台に使用する場合は数年でOK

カヤ・・・3年は必要

杉板・・・乾燥が効率よく進めば、来年の春には乾燥して使えるとのこと。

乾燥後が楽しみです。

 

Leave a Reply

Your email address will not be published.