床下の工事に伴い、近くの材木屋から角材を購入。

ところが納品されてびっくり。

なんと生木がどっさり。

5寸×7寸,4寸×5寸,檜,桧,ヒノキ,ひのき,生木,角材

5寸×7寸,4寸×5寸の檜材(生木)

未乾燥のヒノキ

挽きたてのまっピンクな檜。

しかもすでに目立った割れも・・・。

もちろん目に見えて反っているものまで・・・。

2寸角,檜,桧,ヒノキ,ひのき,生木,角材

2寸角と2寸×1.5寸角の檜材(生木)

こちらもびちゃびちゃ。

反った角材ばかり。

2寸角,檜,桧,ヒノキ,ひのき,生木,角材

2寸角の檜材(生木)

PPバンドでしっかりと留めてあるのに、この反りよう。

ばらしてみると、バナナのように沿った材が幾つも。

こんなものにおカネは払えない。

取引拒否

さっさと納品して請求書を置いて去った材木屋。

すぐに“こういったものにお金は払えません、お持ち帰りください”と材木屋へ連絡。

すると

“おたくのためにわざわざ挽いたんだぞ”

と逆切れ。

でも生木では大工工事はできない。

A house built of unseasoned wood will go crazy.

結局材木屋は納品した生木を放棄。

こちらも代金を支払わずに済んだが、大量の生木を保管することになってしまいました。

何よりも信頼できる材木屋を探さねばならないという重要な仕事が増えました・・・。

Leave a Reply

Your email address will not be published.