5月頃から秋にかけて茎を通じてあたりに群生し、かわいらしい青い花をつけるつゆ草。

古来から日本で親しまれていた花の一つではありますが、放置すると庭が露草だらけになってしまいます。

露草【つゆくさ/ツユクサ】の特徴

ツユクサ科ツユクサ属の1年草。

『万葉集』にも月草・鴨頭草(つきくさ)を詠ったものが9首存在しているそうです。

朝咲いた花が昼しぼむことから、“儚さ”の象徴として詠まれたものも多いのだとか。

ツユクサ科ツユクサ属の1年草。開花時期は6月~10月。一見青い花弁は2枚あるように見えますが、実は下部に白くて小さく花弁がもう一枚あります。高さは15~50cmで直立することはなく、茎は地面を這い、群生傾向にあります。除草は初夏から初秋にかけて行います。

露草【つゆくさ/ツユクサ】の花

日本全国はもちろん、アジアをはじめ世界中で目にすることのできる雑草です。

開花時期は6月~10月。

一見青い花弁は2枚あるように見えますが、実は下部に白くて小さく花弁がもう一枚あります。

朝顔同様に早朝に咲いた花は午後にはしぼんでしまいます。

朝咲いた花が昼しぼむことが、朝露を連想させることから「露草」と名付けられたそうです。

ツユクサ科ツユクサ属の1年草。開花時期は6月~10月。一見青い花弁は2枚あるように見えますが、実は下部に白くて小さく花弁がもう一枚あります。高さは15~50cmで直立することはなく、茎は地面を這い、群生傾向にあります。除草は初夏から初秋にかけて行います。

露草【つゆくさ/ツユクサ】の茎と花

一箇所に根をはって広がるのではなく、広がった茎からも根を地面にはっていきます

成長

高さは15~50cmで直立することはなく、茎は地面を這います。

地面はもちろん、防草シートや庭石の上などへもはうようにして広がっていきます。

大抵は1か所に群がって生える群生傾向にあります。

ツユクサ科ツユクサ属の1年草。開花時期は6月~10月。一見青い花弁は2枚あるように見えますが、実は下部に白くて小さく花弁がもう一枚あります。高さは15~50cmで直立することはなく、茎は地面を這い、群生傾向にあります。除草は初夏から初秋にかけて行います。

ツユクサは水平上に広がって成長していきます。

露草【つゆくさ/ツユクサ】対策

以前はシルバー人材のおばちゃんに手抜きしてもらっていたのですが、

高齢で引退してしまったため現在は庭師さんによる除草剤散布で対策しています。

除草剤は3月から毎月、毎年8月くらいまで定期的に散布してもらっています。

毎月行うことで早いうちに雑草全体の成長を抑えるため、

夏ごろには梅雨後に残った遅咲きの雑草が少々生える程度まで雑草を抑えられます。

また雑草が成長する前に枯れるため種子もできません。

そのため毎年定期的に除草剤を散布することで、雑草の生えてくる量も激減します。

除草時期

現場では主に初夏から初秋にかけて行います。

除草方法

茎が網の目のように広がっているので、根元さえ見つければ容易に撤去できます。

一群の端から地面についた根を抜きつつ丸めていきながら撤去します。

Leave a Reply

Your email address will not be published.