ケーブルを支持するハンガー・ホルダー

現場にある建物内の配線に欠かせないのが、ケーブル支持具。

ミライ(未来)工業の製品だけでもかなり多くの種類があります。

その他、パナソニック電工などの製品も調べました。

しかし、この建物に相応しそうな製品はミライ(未来)工業だけのようです。

配線を確認する

早速現在の配線図を元に、まずはケーブルの種類を整理。

  1. VVFケーブル(2.0mm×2C・1.6mm×3C)
  2. CVケーブル(8sq・14sq)
  3. LANケーブル(cat6)

これらが建物内にあるケーブルです。

建物への取付を考える

ミライ(未来)工業のケーブル支持具を構造材や壁などに取り付けるには

  1. 金具類(木ビス・釘・木ねじ・スクリュー釘)
  2. 特殊ピン
  3. 接着剤
  4. 粘着テープ

の4タイプがあるようです。

いつものように『できるだけ建物にダメージを与えたくはありません』。

適合の高いものを、目的・場所に応じて選ぶ必要があります。

ケーブル支持くらいで穴をあける数は避けたい。

そこで1(金具類)と2(特殊ピン)は極力少なめにしたいところ。

かといって3(接着剤)と4(粘着テープ)はどの程度維持できるか少々心配なところでもあります。

いずれ数十年経てば、剥がれ落ちるような気もしないでもありません。

取付タイプから選んだケーブル支持具

・重要なポイント(落ちては絶対困るところ)には1(金具類)の支持具を使用。

・剥がれても安定する場所(梁・桁の上など)or影響が少ない場所には3(接着剤)と4(粘着テープ)

を採用しようと思います。

 

 

 

Leave a Reply

Your email address will not be published.